審美インプラントセンター DENTALCLINIC PURE DESIGN

恵比寿の歯医者,審美歯科,小児歯科,インプラント,矯正歯科

各種保険取扱い 予約専用TEL:03-3442-1484 東京都渋谷区恵比寿1-7-13 只見ビル5F
JR恵比寿駅・西口より徒歩2分
診療案内

診療案内

安全性・確実性

インプラントを安全・確実に成功させるための努力をしているか否かという事です。例えば衛生上の観点から「オペ室・滅菌体制の有無」、危険回避の観点から「生体情報モニター・酸素ボンベ」、確実性の観点から「シミュレーションソフトの有無」などがあげられます。
※シミュレーションソフトとは、CTデータを特殊なソフトに組み込むことで、オペ前にオペのシミュレーションができるソフトの事です。

CT撮影の有無

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。従来のレントゲンでは見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CT撮影なら正確に把握することができ、患者様の安全性とインプラント治療のクオリティーを高めることが可能となります。デジタルレントゲンだけでなく、CT撮影を実施している医院を選択されることをお勧めします

リスクの説明・セカンドオピニオン

インプラントは外科処置を伴いますので、100%安全であるとは言い切れない治療です。ですので「どのような症例でも完璧に対応できます!!」と言いきっている医院さんは危険かもしれません。
患者様の既往症・病歴をしっかり把握したうえで、しっかりとリスクを説明できる医院さんが安心と言えます。また、セカンドオピニオンを渋る医院も避けた方が良いでしょう。診断内容、治療結果に自信がある医院は決してセカンドオピニオンを渋るようなことはしません。

アフターフォロー

しっかりした技術と経験、そして院内体制があれば、インプラントを埋め込む手術はそれほど難しいものではありません。一番大切なのはインプラント手術後のアフターフォローです。これを疎かにしていると「インプラント周囲炎」という病気になり、インプラント脱落の原因となります。手術後のアフターフォローに関して術前にしっかり説明してくれる医院を選択しましょう。
※インプラント周囲炎とは、歯周病と同じ症状を引き起こす病気で、悪化するとインプラントが脱落してしまいます。

■他院でインプラント治療を断られた方へ

「他院で、骨が少ないのでインプラントはできませんと言われました。本当に無理なのでしょうか?」というご相談を受けることがよくあります。

当院では「骨再生療法」を行っていますので、骨が少ない方でも対応可能です。
この治療法は経験と技術が非常に要求されるため、経験の少ない医院さんでは「できない」と患者様にお伝えしてしまう事が多くあるようです。
では、当院で行っている骨再生療法の一部をご紹介します。

サイナスリフト

ソケットリフト

GBR

これらの治療を行う事で下記の画像のように骨が再生し、インプラントを埋め込むための土台が形成されることになります。

歯を失った場合の選択肢として「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。
入れ歯の場合、入れ歯を安定させる為に金属のバネを他の健康な歯にひっかける必要があります。
咀嚼するたびにその健康な歯には負担がかかり最終的には抜歯という運命が待ちうけます。
また、ブリッジの場合も他の健康な歯を支台とする必要があり、咀嚼の度に健康な歯へ過度の負担がかかることで最終的には抜歯の運命が待ちうけています。
しかし、インプラントの場合は「支台」という概念がありませんので、他の健康な歯に負担をかけることはありませんし、ましてやダメにすることはありえません。
つまり「他の健康な歯を守る」という意味で、インプラントは予防処置といえます。

また最近は、物をしっかり噛むことで脳に新鮮な血液が行き渡り「痴呆症の予防」になるという研究結果が出ています。
しっかり噛めるか否かは「噛む力」で表現できます。
天然歯の咬む力を100とすると、入れ歯・ブリッジ・インプラントの噛む力はどのくらいだと思いますか?

下の図を見てみて下さい。

入れ歯が30%、ブリッジが60%、インプラントが90%になります。
何をお伝えしたいか分りますよね。

この意味からもインプラントは「自立した人生を送る」ための予防処置と言えます。

他の治療と比べてインプラントが一番良いとは言いません。
インプラントにはないメリットも入れ歯・ブリッジにはありますので。
しかし、このような事実をしっかり理解したうえで治療法を選択されるのが適切ですので、ここでご紹介させて頂きました。